素描淡彩   (定員12名) ※満席のため募集しません

塩谷 亮

 

絵を描くうえで大切な要素である素描(デッサン)は、物の形象を表し、陰影をつけた絵のことです。絵画の表現技術の訓練や彩画の下絵を目的として描かれ、自立した作品として描かれることも多くあります。

ここでは「習作としての素描」から、淡彩で色を加えた魅力ある「作品としての素描」を目指します。鉛筆の扱い方、構図や形の取り方、調子など、基本的なことから個々の力に応じて指導します。

 

第1・3・5金曜 10:45~13:00

3か月6回  29,700円

 

カリキュラム

1.4/1(金)  各自、手元にモチーフを組む(2-1)

2.4/15(金) 各自、手元にモチーフを組む(2-2)

3.5/6(金)  銅版画に彩色(風景画)

4.5/20(金) 屋外スケッチ(雨天中止、教室で静物)

5.6/3(金)  模写・下地を工夫して描く(2-1)

6.6/17(金)  模写・下地を工夫して描く(2-2)