水彩・風景画の基礎    (定員14名)

村山 之都

第1・3水曜 10:45~12:45

3か月全6回 23,400円

 

旅先で見た心躍る風景、日常の中の何気ない風景が新鮮に感じた時を、水彩で描きたいと思ったことはありません

か。

風景画は光と影を手掛かりに描きます。講座では、風景写真を使って自然の中の草花、樹木、空や水、建物の捉え方、構図や明暗のバランスなど、制作していくプロセスに解説を含め、「にじみ」や「ぼかし」といった技法を生かした透明感のある作品を、2回で1枚を仕上げていきます。

水彩画は手順も大切ではありますが、「絵」とは何だろうということにも触れながら、楽しく水彩画を学んでいきましょう。

 

カリキュラム

1.10/7(水) 湖畔を描く(ウェット・イン・ウェットの技法)(2-1)

2.10/21(水)湖畔を描く(ウェット・イン・ウェットの技法)(2-2)

3.11/4(水) 山肌を描く(塗り残しの手順)(2-1)

4.  11/18(水)山肌を描く(塗り残しの手順)(2-2)

5.12/2(水)  樹木を描く(グレーズの効果)(2-1)

6.12/16(水)樹木を描く(グレーズの効果)(2-2)